最新情報・お知らせ

2013.03.02 チョットコミミ情報

『今月の野菜 いちご』

~今月の野菜 いちご~

 今月の野菜はいちごです。いちごはバラ科の多年草で、植物学的にはメロンと同様、野菜に分類されます。かつては春から初夏が旬でしたが、現在では12~5月まで出回り、最盛期は2~3月です。栽培技術と品種改良でほぼ近年出回るようになりました。
いちごの甘味はエネルギー源になる果糖とブドウ糖、酸味は脳と体の疲労回復に役立つクエン酸とリンゴ酸です。また、ビタミンCが豊富で、グアバについでキウイフルーツと同じくらい多く含まれています。大粒のものなら5~8粒食べると1日の必要摂取量をまかなえ、風邪の予防、肌の新陳代謝を高める効果があります。赤い色は、アントシアニンという色素で、抗酸化作用があります。
食べるときには流水で手早く洗い、ザルにあげて水気をきり、ヘタを取ります。ヘタを取ってから洗うと水っぽくなってしまいます。

≪選び方≫
赤い色が濃く、光沢があってヘタが濃い緑でピンとしているものが新鮮です。傷や押された後があると腐敗しやすいので、パックされているものは底や周りを見て、傷んでいたり押されて果汁が出ていないか確認しましょう。

≪保存方法≫
果実が軟らかいため長く保存はできません。20℃で1~2日。5℃で3~4日。

≪おすすめレシピ≫  手作りいちごジャム
~お買い得ないちごを見つけたら、砂糖控え目のジャムを作ってみましょう~
1、 いちご(200g)は洗ってからヘタを取る。鍋に入れてグラニュー糖(80g)をまぶし、弱火にかけてふたをせずに煮る。いちごの汁が十分に出たら中火にし、ふきこぼれないように注意して、木べらで混ぜながら約20分煮る。
2、やわらかくなったら木べらでつぶし、途中白く細かい泡が出てきたらていねいにすくい取る。いちごが透き通ってきたらレモン汁(小さじ1)を加え、1~2回混ぜて火から下ろす。
3、熱いうちに清潔な保存容器(ビン等)に入れてふたを軽く閉め、熱湯に入れて20~30分煮沸して空気を抜く。ふたをしっかりと閉め、逆さにして荒熱を取り、冷蔵庫で保存する。

戻る