最新情報・お知らせ

2013.03.14 チョットコミミ情報

『花粉症のセルフケア』

テーマ:花粉症のセルフケア

 花粉症の改善には、医療機関にかかり適切な治療を受けることが最も有効ですが、それと同時に、普段の生活の中でできるセルフケアをしっかりすることで、症状を軽減することができます。また、花粉症を発症していない人も、花粉を取り込む量をできるだけ少なくすることが、今後の発症予防につながります。

~花粉を体内に取り込まないために~

 ・外出時は、なるべく花粉を寄せ付けない
マスク、メガネ、帽子を着用しましょう。服装は、表面がすべすべしている花粉の付きにくい素材で、袖や裾に折り返しのないものを選びましょう。

 ・帰宅時は、家の中に花粉を持ち込まない
玄関前で衣服や髪についた花粉を払い落とし、家の中に花粉を持ち込まないように注意しましょう。帰宅したらすぐに手洗いうがいをして、花粉を洗い流しましょう。

 ・洗濯物や布団はできるだけ室内に干す
花粉が飛散している時期は、洗濯物は室内に干したほうがよいです。布団も、できれば布団乾燥機などを使用して、屋外に出さないようにしましょう。屋外に干した場合は、布団の表面に掃除機をかけるなどして、花粉を取り除く工夫をしましょう。

~花粉症の症状軽減のために~
花粉症の症状を軽減させるためには、「免疫機能を正常に保つ」ことと「鼻の粘膜を正常に保つ」ことが重要なポイントです。
1、免疫機能を正常に保つ
 ・睡眠を十分にとる
 ・規則正しい生活習慣、バランスのよい食生活を心がける
 ・ストレスをためない
2、鼻や口などの粘膜を正常に保つ
 ・かぜをひかない
 ・お酒を飲みすぎない

戻る