最新情報・お知らせ

2014.07.17 最新情報

『健康Times 7月号』 幸せ脳内物質 セロトニン

『幸せ脳内物質 セロトニン』

 セロトニンとは、脳内で作られ、心身の安定や心の安らぎを与えてくれるホルモンで、「幸せホルモン」とも呼ばれています。

 何らかの刺激が身体に加えられた結果、心身に感じる不快感を総じてストレスと呼んでいます。
 何がストレスになるかは人によって違い、また、同じ人でもその時の身体や心の状態によって受ける刺激や大きさは違います。
 
 最近の研究では、このセロトニンが不足することで、精神のバランスが崩れ、イライラしやすくなったり、気持ちが落ち込むなどの精神的疾患に陥りやすいことが分かってきました。セロトニンは誰でも持っているホルモンです


 今回はそんな「セロトニン」についてご紹介します。


 つづきは、こちらから

    ↓ ↓

こちらのPDFをダウンロードしてご覧いただけます。

健康Times 7月号 [487KB pdfファイル]

戻る