最新情報・お知らせ

2016.11.04 チョットコミミ情報

今月のおすすめ食材 「青梗菜(チンゲンサイ)」

今月のおすすめ食材 「青梗菜(チンゲンサイ)」

 青梗菜は通年各地から出荷されており、あまり旬を感じない野菜ですが、春と秋の穏やかな気候の時に収穫され、多く出回ります。中でも、気温が下がるぎりぎりの晩秋あたりが味も栄養価も最も良くなるので、10~11月が1番おいしく食べられます。
 また、「アメリカ疾病予防管理センターCDC」という機関が発表した研究によると、青梗菜は栄養素密度が高い野菜として、第2位に選ばれています。

【青梗菜の栄養】
 青梗菜に多く含まれているβ-カロテンは、体内でビタミンAに変換され、必要な量を満たす働きをします。
 また、抗酸化作用のあるビタミンCも入っているので、これらの相乗効果で免疫力の向上、風邪やがんの予防に効果が期待できます。さらに、β-カロテンは、髪の健康維持、視力の維持などの働きがあるので老化防止に繋がります。油を一緒にとると吸収が高まるので、炒め物にすると効果的です。

【おいしい青梗菜を選ぶポイント】
 葉の色が濃緑色で、葉の茎が短めのもの。また、密に葉がついているものが良いでしょう。葉に厚みがあり、株の根元付近がふっくらとしているものの方が甘みがあります。


【青梗菜のおすすめレシピ】 ~青梗菜と桜えびの塩とろみ炒め~(2人分)
1、青梗菜(1株)は1枚ずつはがし、2~3cm幅に切る。水(1/4カップ)、顆粒鶏がらだし(小さじ1/2)、片栗粉(小さじ1/3)、塩(小さじ1/4)、こしょう(少量)を混ぜ合わせる。
2、フライパンにサラダ油を熱し、中火で桜えびをかりっとするまで炒める。青梗菜の軸を加えて炒め、油がまわったら葉を加えていためあわせる。
3、あわせた調味料をもう一度混ぜ合わせて加え、とろみがつくまで手早く炒める。

戻る