最新情報・お知らせ

2017.03.03 チョットコミミ情報

今月のおすすめ食材 「わかめ」

今月のおすすめ食材 「わかめ」

 わかめは葉部分だけでなく、茎や付け根なども食しています。また、部分により名称が異なります。葉部分はわかめ、茎部分は茎わかめ、付け根の部分はめかぶといいます。
わかめの旬は生わかめが出回る3~4月頃です。この時期に採れたわかめを乾燥や塩蔵で保存し、みそ汁の具や酢の物等で通年食べられています。
 近年の健康ブームなどで低カロリーかつ栄養豊富な食材として支持されるようになっています。わかめには、ヨウ素やカリウムが豊富で、鉄分などのミネラルが多く含まれています。ヨウ素は精神を安定させ、新陳代謝を活発にする働きがあります。
また、わかめ特有のぬめりは、食物繊維のアルギン酸です。アルギン酸はコレステロールを低下させる作用があります。
さらに、茹でたわかめの緑色の元となるクロロフィルは食物繊維より小さいため、食物繊維の入り込めない腸の絨毛(ジュウモウ:腸の壁の細かい突起)の間等の老廃物や有害物質の排出を助けてくれる働きがあります。

【選び方】
生わかめは、つやがあり肉厚で弾力のあるものを選びましょう。一度湯通しされていますが、傷みやすいので早めに調理しましょう。

【保存方法】
塩蔵わかめは冷蔵庫に入れて10日程度保存できます。乾燥わかめは缶などに入れて湿気が入らない様に保存してください。

【レシピ わかめの韓国風酢の物】
材料(2人分)
生わかめ 80g
青ネギ  2本
調味料(しょうゆ 小さじ2、酢 小さじ4、ごま油 小さじ2、砂糖 小さじ1、ごま(白) 大さじ1)

1、生わかめはざく切り、青ネギは小口切りにする。
2、調味料を混ぜ合わせる。時間を置くと味がなじんで美味しくなる。

※韓国のりを加えるとさらに風味が良くなります。

戻る