最新情報・お知らせ

2010.08.05 チョットコミミ情報

『夏バテ』

チョコットコミミ情報を更新しました。

今回は『夏バテ』についてです。


夏バテ

私たちの体は、気温が高くなると体温上昇を防ぐために、まず血管を拡張し、汗をかいて体温を下げようとします。

しかし、湿度が高くなると、汗がなかなか蒸発しないため、体温が下がりにくくなり、倦怠感やめまいなどを起こしやすくなります。

また、蒸し暑いと、さっぱりしたものばかり食べて、食事のバランスが崩れていませんか?

ビタミンやミネラルが不足すると、体内の糖質や脂質を十分燃やすことができないので、少し活動しただけでも、疲れやすくなります。

さらに、大量に汗をかくと、「水分不足」になって疲労物質がたまり、疲れや倦怠感が増す場合もあります。




お風呂でできる夏バテ対策

寝る前は、39度以下のぬるめのお湯に、15~20分ゆったりとつかりましょう。少しずつ血管が拡張して、血行がよくなり、疲れを取り除く効果があります。

さらに、リラックスモードの副交感神経が優位になるため、安眠効果も期待できます。

夏バテには、しっかり熟睡することが欠かせないだけに、これもうれしい効果ですね。

また、お風呂で上がった体温は、1~2時間程で下がってきますので、このとき床に入るとよく眠ることができると言われていますよ。

戻る