最新情報・お知らせ

2010.11.24 最新情報

骨塩量測定装置を更新しました。

骨塩量測定装置を更新いたしました。

検査法は、以前と変わらず、DXA(DEXA)法ですが、測定部位が踵骨より橈骨に変更になりました。

測定時間は、わずか15秒です。受診者への負担はほとんどありません。是非、骨粗鬆症検診を受診してください。


資料をアップしました。
こちらのPDFをダウンロードしてご覧いただけます。

骨塩量測定装置 [62KB pdfファイル]

戻る