最新情報・お知らせ

2011.02.18 チョットコミミ情報

『減塩について』

チョットコミミ情報を更新しました。

減塩について

厚生労働省では、日本人の一日の塩分摂取量目安を男性9g未満、女性7.5g未満を目標としていますが、平均13gと目標量より多くの塩分をとっています。

塩分を摂りすぎるとどうなるの?
・高血圧症:細胞内の濃度を一定に保つために、塩分中のナトリウムが水分を細胞内に引き寄せます。そのため、循環血液量が増えて血圧上昇につながります。
・腎臓疾患:腎臓の働きを低下させ、むくみなどの症状や高血圧を悪化させます。
・心疾患 :循環血液量が増えるため心臓の負担が増し、息切れやむくみなどを悪化させます。


調理の際の減塩のポイント
1、より新鮮な材料を
新鮮な食材を使い、本来の味を生かす工夫がおすすめです。

2、自然のうまみを利用
こんぶ、わかめ、きのこ類、貝類などの食材を使って自然のうまみをうまく活用することがおすすめです。

3、味のバランスを
塩分と同時に糖分も控えると減塩に繋がります。例えば、すき焼きなどの鍋料理や煮込み料理では、甘味を強くすると塩分もそれにあわせて濃くしてしまいがちですので注意が必要です。

4、香辛料を上手に
ごま、山椒などの香りを利用するのも1つのポイントです。

5、酸味を利用
ゆず、だいだい、レモン、すだち等の香りと酸味を利用するのもおすすめです。

戻る