最新情報・お知らせ

2012.01.11 チョットコミミ情報

『胃にやさしい食生活』

~胃にやさしい食生活~
新たな年をすがすがしくお迎えのことと思います。しかし年末年始の外食、飲酒で胃が疲れている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は「胃にやさしい食生活」についてお伝えします。胃にかかる負担が大きいと胃腸のトラブルが発生する可能性もあります。胃にやさしい食生活を心がけ、疲れた胃を休ませましょう。

規則正しい生活をする
欠食をして胃の中が空っぽの状態が続くと、胃液の分泌が高まり胃が荒れる原因になります。1日3回規則正しく食事を摂り、生活のリズムを守って生活しましょう。

よく噛んで食べる
よく噛んでゆっくり食事をすることで、唾液が多く分泌され消化・吸収がスムーズになります。また、よく噛むことで満腹感が増し、食べすぎを防止することにもつながります。ひとくち30回噛むことを意識してみましょう。

胃に負担のかからないものを食べる
熱いもの、冷たいもの、辛いもの、コーヒーなどの刺激物は胃酸を過剰に分泌させるので、摂りすぎに注意しましょう。胃が疲れているときや、調子の悪いときなどは、お粥やうどんなど消化のいいものを食べることをお勧めします。

胃にやさしい食品を選ぶ
消化を助ける酵素を含む食品:納豆・とうもろこし・山芋・大根・かぶ。胃粘膜の再生を促す食品:キャベツ・ほうれん草・アスパラガス。胃腸の働きを助ける食品:かつお・さば・ぶり

これらの食品を積極的に食べると、胃の負担を和らげることに効果的です。

戻る