最新情報・お知らせ

2012.03.13 チョットコミミ情報

『腹式呼吸でリラックス』

~ 腹式呼吸でリラックス ~

人間は、生きている限りさまざまなストレスにさらされます。適度なストレス(緊張感)は、生活にハリを与えてくれますが、過度のストレスが続くと心の病気になってしまうことがあります。ストレスをやわらげる効果的な方法とされているのが、リラックスすることです。 
今回は、リラックスするための呼吸法の1つ「腹式呼吸」をご紹介します。呼吸を整えることによって、気持ちが落ち着き、緊張が和らいだという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?呼吸法には、主に「腹式呼吸」と「胸式呼吸」の2種類があります。腹式呼吸は、交感神経(緊張している時に優位に働く)を抑え、副交感神経(リラックスしている時に優位に働く)を刺激しますのでリラックスしたい時に適しています。一方、「胸式呼吸」は、交感神経を優位に働かせますので気持ちを奮い立たせたい時に適しています。場面によって呼吸法を上手く使い分けることができるといいですね。

【腹式呼吸の方法】
1、 ゆっくりと口から息を8秒間かけて吐き出します。(お腹をへこませるイメージ)
2、息を吐き切ったら、4秒間かけて鼻から息を吸います。(お腹を膨らませるイメージ)
3、6秒間息をとめます。

 上記の1~3を1セットとして気持ちが少し落ち着くまで繰り返しましょう。緊張している時や、気持ちが高ぶっている時などに意識的に行なうことでリラックスへと導いてくれますので、日常生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

戻る