最新情報・お知らせ

2012.11.12 チョットコミミ情報

『睡眠をしっかりとろう』

睡眠をしっかりとろう!

・睡眠は健やかな毎日のために欠かせないもの
 睡眠時間は人生の約3分の1を占めます。睡眠は、身体の疲れを取るために必要ですが、もっとも大事な点は脳を休めるという点です。身体の疲れは横になって休むだけでもある程度は回復できますが、脳は起きている間働きっぱなしで、眠ることでしか休息できません。また、睡眠は日中の活動で疲れた身体を効率よく修復し、免疫力を高める役割もあります。私たちは、心と身体の健康を保つために眠る必要があるのです。

・睡眠時間はどれだけ必要?
 睡眠時間は個人差がありますが、理想は毎日午後10時から10時半、遅くとも12時には眠りに就き、午前3時までの「睡眠のゴールデンタイム」はぐっすり眠ることです。同じ睡眠時間でも、午後10時から午前3時まで眠るのと、午前3時から8時までに眠るのとでは、疲労回復などに大きな差が出てきます。この時間帯に深い眠りが得られると、成長ホルモンの分泌を促し、子どもの体の成長促進や、大人の老化防止に効果があります。美容面からいっても、皮膚をつくり出す基底層の細胞分裂は、午後10時から午前2時頃がもっとも活発なことが確認されています。

・ぐっすり眠るコツとすっきり目覚めるコツ
 コーヒーや紅茶、緑茶などに多くふくまれるカフェインは、覚醒作用があるため、夜は控えめにしましょう。また、すっきりした目覚めのためには、日光を浴びる、冷水で洗顔する、熱めのシャワーを浴びる、音や映像の刺激を受ける、軽いストレッチ運動を行う、朝ご飯をきちんと食べるなど、体に刺激を与えることで心身を目覚めさせやすくできます。

戻る